シミよサラバ!美容外科の最新治療|決め手となる医療レーザー効果!

美容整形外科での美白治療

女の人

肌の深い部分での色素沈着

シミには複数の種類があるのですが、その中でも老人性色素斑と呼ばれているシミは、比較的消しやすいことで知られています。なぜ消しやすいかというと、肌のごく浅い部分にメラニン色素が沈着することでできているからです。そのため、美白化粧品や美容整形外科でのレーザー治療などでターンオーバーを促すことで、徐々に剥がれ落ちていきます。ところが肝斑と呼ばれているシミは、ホルモンバランスの影響で体の内部でメラニン色素が作られて、肌の深い部分に沈着することでできます。そのためターンオーバーを促す方法では、なかなか消すことができません。そのため美容整形外科では、内服薬による美白治療をおこなっています。トラネキサム酸という、メラニン色素が作られることを防ぐ作用のある成分でできている内服薬です。メラニン色素が作られなければ、新しい肝斑はできにくくなりますし、既にできている肝斑も、徐々に薄くなっていくのです。

体の内外からアプローチ

昨今の美容整形外科では、肝斑にも有効なレーザーが使用されるようになってきました。肌の表面だけでなく、肌の内部にも均一に効果を与えることのできるレーザーで、これを使用すれば、体の外側からでも肝斑にアプローチすることが可能です。もちろん先述した内服薬による、体の内部からのアプローチもあれば、肝斑は一層消えやすくなります。そのため昨今では多くの美容整形外科が、体の外側と内側の両方から肝斑を治療するようになっています。もちろんこういった美白治療を受けるだけでなく、日々の生活においてシミを作らないような努力をすることも大事です。逆に言えば、日々の努力でシミを予防しつつ、レーザーや内服薬による美白治療を受けていれば、シミひとつない肌にすることも可能ということです。