シミよサラバ!美容外科の最新治療|決め手となる医療レーザー効果!

気になる顔の加齢の予防法

女の人

原因はそれぞれ異なります

まだ若いのにしわができて困っているという声を、よく聞くことがあります。しかし、しわと一口に言っても、様々な種類があり、若いうちにできるのは、小じわであることが多いのです。これは表皮の乾燥が原因なので、水分や油分を補えば治まります。また笑ったり泣いたりが原因の表情じわも、若いうちはそれほど気にする必要はありません。一方で、気をつけたいのがちりめんじわや大じわです。ちりめんじわは、体重が減少したとか、あるいは脱水症状の時などに出やすいしわです。また大じわというのは、加齢に伴って出て来るしわで、皮膚の奥にある真皮層の、コラーゲンやエラスチンの繊維が減る、または劣化するために起きるものです。では、こういったしわにはそれぞれ、どのような対策をとればいいのでしょうか。

紫外線や食生活にも注意を

まず小じわですが、これは保湿ケアを十分にすれば大丈夫です。また表情じわ対策としては、顔面をエクササイズで動かすこと、そしていつも同じ表情をしないように意識していれば、しわの固定化を遅らせることができ、しかもリンパ液や血液の循環がよくなるというメリットがあります。また顔の表情筋をほぐすことで、表情がやわらかく、活き活きしてくることもあります。一方ちりめんじわ対策としては、まず体調を整えなければなりません。たんぱく質やビタミンを摂るのがお勧めです。またパックなどの保湿ケアもいいでしょう。そして大じわ対策ですが、これもたんぱく質やビタミンを摂るようにします。特にビタミンCはこまめに摂りましょう。そして紫外線はできるだけカットし、マッサージをする時は優しく肌を動かすようにしてください。